自己紹介

「とうふ」と申します。日本女性です。日本語教師を約30年やっています。今は神奈川県にある私立大学で、留学生に教えています。好きな食べ物はとうふです。

2014年2月24日月曜日

擬態語(オノマトペ)の難しさ

前回まで話題にしてきた「サラサラ」「ツルツル」など、状態の「感じ」を音で表す言葉を擬態語、またはオノマトペといいますが、日本語にはそんな言葉が本当に多いですね。
外国語として日本語を学ぶ人にとっては、イメージがなかなかわかりにくいうえに、よく似ているものがたくさんあって本当に覚えにくいと思います。

ところが、生まれた時から日本語だけを使っている人は、「感覚を音で表しているのだから世界中の人がわかるはずだ」と誤解してしまうことがあります。実際はどんな音がどんなイメージを表すかは言語によってかなり違うので、想像するのも難しいのですが…。